現在地
トップページ » 町の紹介 » 町の塩づくり » 入浜式の塩づくり
町の紹介
町の塩づくり

入浜式の塩づくり

1. 浜引き

1. 浜引き

「まぐわ(馬鍬)」という道具をたてよこに引いて砂をならす。
最後に仕上げをして斜めに引く。

2.浜飼い

2.浜飼い

浜引きのあとで塩を砂につけるため海水をまく。
1日に2~4回で3~4日間続けると塩が砂に着く。
(途中で雨が降ると濃度が下がる為最初からやりなおしとなる)

3. 入鍬

3. 入鍬

塩がついた砂「キラレ」を「柄振」とうい道具を使って、「ぬい沼井」という台にいれる。

4.穴すえ / 5.もんだれかえ

4.穴すえ / 5.もんだれかえ

沼井(ぬい)(台)の中に入れた砂を「きんぐわ(金鍬)」という道具でたいらにならして沼井(ぬい)(台)の横に埋めた「下穴がめ」という水槽の薄い「かん水(海水)」を「もんだれじゃく」という道具で沼井(ぬい)の中に入れる。

6.あげ水

6.あげ水

海水を「にないおけ(担桶)」という道具で沼井のなかに入れ、砂をろ過し濃度を濃くする。

7. 穴掘り

7. 穴掘り

沼井の中に入れた砂を金鍬で沼井の外に掘ってだす。

8. 釜炊き

8. 釜炊き

釜屋の中にある平釜で塩水を煮つめる。(月に1~2回)

9. 打ち上げ

9. 打ち上げ

煮詰めた塩を「塩受け」にいれる。

10. 塩床

10. 塩床

「塩受け」から「塩床」と呼ばれる木の箱にあつめる。

おいしい天然塩のできあがり。

購入される方はこちら(うたづ海ホタル)をご覧ください。

【製造元・販売元】
うたづ海ホタル
〒769-0210 香川県綾歌郡宇多津町浜一番丁4番地
TEL:0877-49-0860
FAX:0877-85-5152

この記事に関するお問合せ先

宇多津町役場

まちづくり課
電話:0877-49-8009
MAILでお問合せ:machi@town.utazu.kagawa.jp