現在地
もしもの時に(防災・防犯・安全・補助)
ご家庭での安全対策

地震に備える

家の中の安全チェック

1. 家の中の逃げ場としての安全な空間をつくる

1. 家の中の逃げ場としての安全な空間をつくる

部屋がいくつもある場合は、人の出入りが少ない部屋に家具をまとめて置く。
無理な場合は、少しでも安全なスペースができるよう配置換えする。

2. 寝室、子供や高齢者のいる部屋には家具を置かない

2. 寝室、子供や高齢者のいる部屋には家具を置かない

就寝中に地震に襲われると危険。子供や高齢者、病人などは逃げ遅れる可能性がある。

3. 家具は倒れにくいように置く

3. 家具は倒れにくいように置く

家具と壁や柱の間に遊びがあるとたおれやすい。家具の下に小さな板などを差し込んで、壁や柱によりかかるように固定する。畳の上に置く場合は、家具の下に板を敷く。

4. 安全に避難できるように、出入口や通路には物を置かない。

4. 安全に避難できるように、出入口や通路には物を置かない。

玄関など出入口までの通路に、家具など倒れやすい物を置かない。また、いろいろ物を置くと、いざというときに出入口をふさいでしまうことも。

食器棚・・・・・中の食器の飛び出しを防止

L字金具などで固定し、棚板にはすべりにくい材質のシートやふきんなどを敷く。重い食器は下に、軽い食器は上の方に置く。扉が開かないように止め金具をつける。

証明器具・・・・・鎖と金具を使って固定

鎖と金具を使って数ヶ所とめる。蛍光管の両端を耐熱テープで止めておく。

テレビ・・・・・・・できるだけ低い位置で

家具の上などは避け、できるだけ低い位置に固定して置く。上に水槽などは置かない。

タンス・本棚・・・L字金具や支え棒などで固定

L字金具や支え棒などで固定する。二段重ねの場合はつなぎ目を金具でしっかり連結しておく。本は重いものを下に、軽いものを上に置く。

家の周囲の安全チェック

不安定なブロック塀や門柱では、地震のときに凶器になってしまいます。しっかりと、点検、補強しましょう。

  • 傾きやひび割れ、破損箇所はないか
  • 高さが高すぎないか(2.2m以下に)
  • 鉄筋は縦筋と横筋がきちんと固定されて入っているか
  • 基礎コンクリートはしっかりしているか
  • 支えとなる控え壁は設置されているか(3.4m以下の間隔で設け、40~60cmの長さ確保)

非常持出品

貴重品・非常食品・携帯ラジオ(予備電池多めに)・懐中電灯・応急医薬品・その他生活用品

非常備蓄品

非常備蓄品は、災害復旧までの数日間(最低3日分)を自足できるように準備しておくものです。
飲料水・非常食品・燃料・その他の生活用品

この記事に関するお問合せ先

宇多津町役場

住民生活課
電話:0877-49-8000
MAILでお問合せ:jyumin@town.utazu.kagawa.jp