現在地
トップページ » くらし・手続き » 上下水道 » 上下水道のご利用案内
くらし・手続き
上下水道

上下水道のご利用案内

宇多津町に転入または転居、転出される方は、町役場への届出が必要です。
届出方法は以下の通りです。
なお、土日祝日は行っていませんので、必ず平日の前日までにお届けください。

水道を新たに申し込みするとき(転入、転居)

  • 使用を希望する前日までに町役場水道課窓口へお越しください。
  • 翌日以降での開栓日を指定できます。
  • 開始の際の現地での立ち会いは不要です。
  • 宅内の蛇口が閉まっているかを必ず確認しておいて下さい。蛇口が開いたままですと、水漏れする恐れがあります。

水道の使用を中止するとき(転出)

  • 水道を使用しなくなる前日までにお電話または窓口にお越しください。
  • 水道を停止する日をお知らせください。
  • 給水契約は届け出に基づいていますので、使用をやめるときは契約解除の届けが必要です。届けがないと、いつまでも基本料金がかかることになります。

水道使用者の名義人を変更するとき

  • ご家族での名義人の変更や料金支払者の変更をしようとするときは、お電話または窓口にお越しください。

水道料金について

  • 毎月水道メータ検針による認定した使用水量を基に、下記の料金表により水道料金を算定します。
  • 水道料金には別途消費税が加算され、1円未満の端数が生じたときは切り捨てします。
メーター口径(ミリ) 基本料金 従量料金(1立方メートルにつき)
13 300円 1立方メートルを超え5立方メートルまで70円
6立方メートル以上130円
20 850円 150円
25 1,450円
40 3,600円
50 5,400円
75 13,500円
100 25,000円

水道料金等の納付方法

  • 水道料金は毎月検針を行い、2か月に一度ご請求いたします。なお、公共下水道を整備している区域で水洗化されているお客様には下水道料金も併せてご請求いたします。お支払いは、口座振替、納付書によるお支払い、クレジットカードによるお支払いの3種類の方法があります。
  • 口座振替取扱金融機関は、百十四銀行、香川銀行、高松信用金庫、JA香川県、郵便局です。
  • クレジットカードによるお支払いは、「Yahoo!公金支払い」を利用して、クレジットカードでの継続的なお支払いがご利用になれます。(窓口でクレジットカードを提示してのお支払いをする方法ではありません。)ご登録は、パソコン又は携帯電話からインターネットを通じて「Yahoo!公金支払い」にアクセスし、注意事項等を確認の上、画面の指示に従って必要な情報の入力を行えば、申込手続きが完了します。(上下水道関係申請書等様式: 7 その他) ※口径が13・20mmで用途が「一般用」のもので、水道料金等の1回の請求額が5万円(税込)以下が対象になります。
  • 口座振替、クレジットカードによるお支払いは、奇数月の月末に口座振替されます。納付書によるお支払いは料金をそえて、口座振替取扱金融機関、コンビニエンスストア又は宇多津町役場出納室窓口でお支払いください。

上水道に関する注意事項

  • 毎月の水道メータ検針のため、メータBOXは見やすくしておいてください。また、犬は鎖等で繋いでおいてください。
  • 漏水を発見したときやメータBOX内での水漏れを発見したときは、水道課までご一報ください。
  • また、水道料金が急に高くなったときは、漏水している可能性があります。全ての蛇口を閉めてメータを確認してください。パイロットが回転していれば漏水しています。最寄りの工事店へ依頼して早めに修繕しましょう。
  • 新築や増改築で水道工事を行うときは、宇多津町指定の水道工事店でなければ施工することができません。最寄りの指定工事店に依頼してください。

鉛製給水管に関するお知らせ

  • 鉛の水質基準の強化
     水道水の水質は、国の法律(水道法)に基づき、項目ごとに厳しい水質基準が定められています。
    水質項目の一つである鉛濃度については、平成15年4月1日より水道水の鉛に関する水質基準が強化されました。
     これにより、これまで1リットルあたり0.05mg以下であった蛇口での水道水の鉛濃度が1リットルあたり0.01mg以下になりました。新基準値は、今までの「乳幼児でも安全な基準」をさらに強化したもので、鉛の蓄積性を踏まえた上で、鉛の影響を一番受けやすいとされる乳児が0.75リットルの水を毎日飲んでも健康への影響がない値として設定されたものです。
     お送りしている水道水は、定期的に水質検査を行っており、国による水質基準をみたしており安全です。
    (測定値は0.001未満:ホームページで水質検査結果を報告しています。)
  • 宇多津町の鉛管状況
     現在、本町においては、従来より配水管に鉛管は使用しておりませんが、配水管から各家庭への給水管については、昭和59年までは金属としては柔らかい材質であり施工性が良くコストも安価であるため、給水管などの細い水道管の材質として広く普及していましたが、昭和60年からは鉛の溶出をゼロとしたライニング鉛管を使用。平成10年から現在まで、ポリエチレン管を使用しています。
     給水管に鉛管が使われている場合には、長期の旅行や出張・朝一番など長時間使用していなかった水道水は各家庭の給水管内に停滞するため、水道水中に注入された塩素がなくなったりします。また、鉛成分がわずかに溶けだすなど、新しい水質基準をみたさなくなることも考えられますので、念のためバケツ1杯程度を掃除や洗濯など飲み水以外の用途にお使いください。
    (例:朝一番に水洗トイレ等を使用してください。)
  • 取替について
     配水管からメーターまでの鉛管の取り替えを、老朽管布設替工事や水道管移設工事又は漏水修理等にあわせて進めています。

県内水道事業の広域化について

 県内の水道事業は、節水機器の普及等に伴う料金収入の減少、香川用水の取水制限等への対応、老朽化が進んでいる水道管等の耐震化、職員の技術力の継承など、多くの課題を抱えています。
 こうした課題に、各水道事業者が個別に対応するには限界があり、その解決のためには、県営水道を含めた県内の水道事業を統合し広域化することが有効であることから、各水道事業者の協議により、平成26年10月に「広域水道事業及びその事業体に関する基本的事項」を取りまとめ報告されました。  町では、その取りまとめを検討した結果、
(1) 事業統合による経営の効率化が図られること
(2) 施設の最適化を図り経営基盤が強化できること
(3) 県内水源の一元化により地域間の水融通を行い現在よりも渇水に強くなること
(4) 組織を再編し技術系職員の確保や育成により技術力の継承が可能となること
 以上のような効果があると判断し、平成27年4月に県と市町の水道事業者が、統合に伴う様々な協議を行なう「香川県広域水道事業体設立準備協議会」に参加いたしました。
本町においては将来にわたって町民の皆様へ、特に渇水時の水融通などの課題を解決するため、安全で安心な水道水を安定的に供給でき、各水道事業者と互いに連携し協力し課題を克服していくことを目指したのが水道事業の広域化です。
 現在、広域化に向け設立準備協議会において具体的な検討、準備が進められています。

 ★会議の資料や議事録は県のホームページをご覧ください。
香川県ホームページ かがわの水―水道広域化

下水道の使用について

下水道に接続されている方は、上水道の手続きの際に自動的に手続きが行われますので、特に手続きは必要ありません。

下水道の料金について

  • 下水道料金の支払いは、上水道の料金と併せて納めていただきます。
  • 下水道料金の算定は、原則として毎月の水道メータ検針で認定した使用水量を基に、下記の料金表により下水道料金を算定します。ただし、井戸水などをトイレに使用するなどの場合はその旨を申告していただき使用水量を計算させていただきます。
  • 下水道料金には別途消費税が加算され1円未満の端数が生じたときは切り捨てします。
区分 基本料金(1月につき) 従量料金(1立方メートルにつき)
一般汚水 汚水量 使用量 汚水量 使用量
10立方メートルまで 1,000円 10立方メートルを超え20立方メートルまで 125円
20立方メートルを超え30立方メートルまで 135円
30立方メートルを超え50立方メートルまで 145円
50立方メートルを超え100 立方メートルまで 175円
100 立方メートルを 超えるもの 195円

下水道に関する注意事項

  • 下水道は何を流してもよいものではありません。油を流しますと排水管の中で固まり詰りの原因になります。台所のゴミも流さないようネットなどでこしましょう。マンホールのふたは閉じられていますか?ゴミなどが入ると詰まる原因になります。
  • 下水道が利用できる区域(供用開始区域)にお住まいの方で、新築や増改築を行うときの下水道工事は、宇多津町指定の排水設備指定水道工事店でなければ施工することができません。
  • また、下水道の工事を行うには、宇多津町への手続きが必要です。

この記事に関するお問合せ先

宇多津町役場

水道課
電話:0877-49-8010
MAILでお問合せ:suidou@town.utazu.kagawa.jp