現在地
トップページ » くらし・手続き » 年金 » 国民年金の給付の種類
くらし・手続き
年金

国民年金の給付の種類

給付の種類

種類 年金が受けられる資格 年金額(年額)
老齢基礎年金 保険料を納めた期間と保険料を免除された期間などの合計が25年以上ある人が65歳になったときから受けられます。なお、60歳を過ぎれば繰り上げて受けられますが、この場合の年金は一定の割合で減額されます。 平成24年度
786,500円(20歳から60歳までの40年間保険料を納めた場合)
障害基礎年金(一定の要件に該当のこと) 原則として国民年金に加入している間に病気・けがをして一定の障害が残った時(国民年金法で定める障害の程度が2級以上)になったときにうけられます。また、20歳前の障害者の人は20歳になったときから受けられます。また、生計を一にしている18歳未満の子供(障害のある子供のときは20歳未満)を扶養しているときは加算されます。 平成24年度
1級
983,100円
2級
786,500円

1人目・2人目は1人につき226,300円
3人目以降75,400円

遺族基礎年金(一定の要件に該当のこと) 国民年金被保険者または老齢基礎年金を受けられる人がなくなった時、その人の収入で生活している子のある妻、または子が受けられます。 (母と子一人の場合)1,012,800円子供に対する加算は同上

第1号被保険者の独自給付

種類 年金が受けられる資格 年金額
寡婦年金(一定の要件に該当のこと) 夫が老齢基礎年金を受けずに亡くなったとき婚姻期間が10年以上ある妻は60歳から65歳まで受けられます。 夫が受けるはずの老齢基礎年金額の4分の3
付加年金 付加保険料(月額400円)を納めている人が受けられます。 200円×付加保険料の納付済月数
死亡一時金(一定の要件に該当のこと) 第1号被保険者として保険料を3年以上納めた人が、どの基礎年金も受けないで死亡し、その遺族が遺族基礎年金を受けられない場合に受給できます。 保険料を納めた期間に応じて12万円から32万円

この記事に関するお問合せ先

宇多津町役場

住民生活課
電話:0877-49-8000
MAILでお問合せ:jyumin@town.utazu.kagawa.jp