現在地
健康福祉・介護

介護保険

介護保険

急速な高齢化と少子化社会の中で、家族だけで介護することは、今後ますます困難になってきています。
介護保険制度はこのような問題や老後の不安を解消するために、介護を社会全体で支える体制を作り、介護が必要になった方の希望を尊重した総合的なサービスを提供していくことを目的としています。

  第1号被保険者 第2号被保険者
対象者  65歳以上の人  40歳以上65歳未満の人
 (医療保険に加入している人)
サービスを利用できる人
  • 寝たきりや認知症などで、入浴、排泄、食事など日常生活動作について常に介護が必要な人
  • 家事や身じたくなどの日常生活に支援が必要な人
  • 初老期の認知症、脳血管障害など加齢に伴う病気(特定疾病)によって日常生活の介護や支援が必要になった人
保険料
  • 所得段階に応じて、市町村ごとに定額を設定
  • 加入している医療保険の計算方法をもとに設定
保険料の納め方
  • 年金額が月額15,000円以上の人は年金から天引き
  • それ以外の人は町に個別に納入
  • 加入している医療保険の保険料と一括で納入
利用料金
  • 費用の1割または2割を支払います。
  • 施設に入る場合には食事代・居住費等も支払います。
  • なお、1割または2割の利用者負担が高額になる場合、自己負担の上限があります。
介護保険 各種様式ダウンロード

介護サービス

町へ申請し、審査の結果、要支援・要介護認定された方がサービスを利用できます。ただし、要支援認定された方は、在宅サービスのみの利用となります。

在宅サービス

サービスの種類 内容
訪問介護
(介護予防訪問介護)
ホームヘルパーなどが家庭を訪問し、食事、入浴、排泄の介助や、炊事、掃除、洗濯といった家事など身の回りの援助をする
訪問入浴介護
(介護予防訪問入浴介護)
浴槽を積んだ入浴車などで家庭を訪問し、入浴の介助を行う
訪問看護
(介護予防訪問介護)
通院が困難な利用者に対して看護師が家庭を訪問し、病状を観察したり、入浴や排泄の介助、床ずれの手当てなどを行う
訪問リハビリテーション
(介護予防訪問リハビリテーション)
通院が困難な利用者に対して理学療法士や作業療法士などが家庭を訪問し、日常生活の自立を助けるためのリハビリテーションを行う
居宅療養管理指導
(介護予防居宅療養管理指導)
医師、歯科医師、薬剤師などが家庭を訪問し、医学的な管理や指導を行う
通所介護
(介護予防通所介護)
デイサービスセンターなどに通い、食事、入浴の提供や、日常動作訓練などを受ける
通所リハビリテーション
(介護予防通所リハビリテーション)
介護老人保健施設(老人保健施設)、医療機関等でできる限り自立した日常生活を送るためのリハビリテーションを受ける
短期入所生活介護
(介護予防短期入所生活介護)
短期入所療養介護
(介護短期入所療養介護)
介護保険施設に短期間(1~2週間程度)入所し、日常生活の支援や機能訓練を受ける
認知症対応型共同生活介護
(介護予防認知症対応型共同生活介護)
認知症の状態にある高齢者が、10人程度の共同生活をしながら、介護スタッフによる日常生活の支援を受けながら共同生活する。(要支援1の人は利用できません)
特定施設入所者生活介護
(介護予防特定施設入所者生活介護)
有料老人ホーム等に入居している高齢者に日常生活上の支援や介護を受ける。
福祉用具貸与、特定福祉用具販売
(介護予防福祉用具貸与、特定介護福祉用具販売)
日常生活の自立を助ける用具を貸与したり、入浴や排泄などに用いる用具の購入費の9割を支給する(貸与について、工事を伴わない手すりやスロープ、歩行器、杖以外は、要支援1,2、要介護1の人は原則として利用できません)
住宅改修
(介護予防住宅改修)
住宅での段差を解消したり廊下や階段に手すりをつけるといった改修に対して、限度枠内で費用を支給する(事前申請が必要です)

施設サービス

サービスの種類 内容
介護老人福祉施設 従来の特別養護老人ホームにあたり、食事や排泄などで常時介護が必要で、自宅では介護ができない人が入所する。
介護老人保健施設 従来の老人保健施設にあたり、病状が安定し、治療よりは看護やリハビリテーションに重点を置いたケアが必要な人が入所する。
介護療養型医療施設 従来の療養型病床群などにあたり、急性期治療が終わり、長期の療養を必要とする人のための、医療機関の病床。

指定居宅介護支援事業者(町内)

名称 所在地 電話番号
宇多津町指定居宅介護支援事業所
(宇多津町社会福祉協議会)
宇多津町1900番地
福祉センター内
0877-49-0287
いきいき荘居宅介護支援事業所 宇多津町浜五番丁53-1
老人保健施設ライトハートいきいき荘
0877-49-7255
バイス居宅介護支援ステーションにじ 宇多津町浜五番丁66番地-3 0877-49-6313
ニチイケアセンター坂出 宇多津町大字東分1661-1 0877-41-9160

障害者控除対象者認定書の交付について

 身体障害者手帳等をお持ちでなくても、介護保険の要介護認定を受けている方で、手帳の交付基準に準ずると認められる場合は、確定申告等の障害者控除の対象とすることができるようになりました。
 次の対象者は「障害者控除対象者認定書」を交付しますので、申告をする際、この認定書を提示してください。

▼対象者 
宇多津町の介護保険被保険者で、要介護認定を受け、「身体障害者または知的障害者に準ずる人」として認められる人
▼認定基準
[障害者]  要介護度1以上で、かつ『障害高齢者の日常生活自立度』がB1以上または『認知症高齢者の日常生活自立度』がⅡa以上
[特別障害者] 要介護度4以上
▼申請方法 
申請書(健康増進課にもあります)に必要事項を記入し、提出してください。
申請書(WORDファイル158KB)

高齢者・要介護等認定者意識調査

 町は、町内在住の65歳以上の900人(一般高齢者・要支援・要介護認定者)の方を対象としたアンケート調査を行い、629人から介護予防への関心度や日常生活、介護保険制度について回答をいただきました。
回答結果は、平成26年度に作成する町の高齢者福祉計画・介護保険事業計画を進めるための貴重な資料として役立てます。ご協力ありがとうございました。

高齢者・要介護等認定者意識調査結果報告書 H26.3(PDF1.2MB)

この記事に関するお問合せ先

宇多津町役場

保健福祉課
電話:0877-49-8003
MAILでお問合せ:hoken@town.utazu.kagawa.jp