現在地
トップページ » 町政情報 » 事業者向け情報 » 景観法に基づく届出(行為制限)
町政情報
事業者向け情報

景観法に基づく届出(行為制限)

■景観計画・行為制限

(1)景観計画

 景観計画は、景観法に基づき景観行政団体(宇多津町)が定める良好な景観の形成に関する計画であり、景観まちづくりを進めてていくための指針となる計画です。

(2)景観計画区域・景観形成重点区域 

 町全体で景観への取り組みが進み良好な都市景観の形成が図れるよう、町全域を景観計画区域に設定しています。
また、景観計画区域のうち景観の形成が特に必要と認める区域を景観形成重点区域に指定しています。

(3)行為の制限 

  景観計画区域(景観形成重点区域を含む。)において、建築物や工作物の建築・色彩の変更、開発行為その他の土地の形質の変更など一定の行為を行う場合は、景観法に基づく届出が必要です。

(4)届出様式、添付図書 

<届出様式>

  • ・景観計画区域内行為届出書(Word版PDF版
  • ・景観計画区域内変更行為届出書(Word版PDF版
  • ・景観形成基準適合チェックシート(Word版PDF版
  • ・景観計画区域内行為完了届(Word版PDF版
  • ・景観計画区域内行為中止届(Word版PDF版
  •   (参考)様式記入例(PDF:153KB
  • <添付図書>
     届出添付図書(PDF:24KB

(5)その他 

  届出に関する手続のほか良好な景観の形成について検討する際の資料として、ガイドラインを作成しています。

■その他の制限

  ⇒都市計画の土地利用規制・建築制限はこちら

この記事に関するお問合せ先

宇多津町役場

総務課
電話:0877-49-8013
MAILでお問合せ:soumu@town.utazu.kagawa.jp