現在地
子育て・教育

妊娠・出産

妊娠を望む方に

宇多津町特定不妊治療費助成事業

 宇多津町では、平成27年度から特定不妊治療(体外受精・顕微授精)を受けられたご夫婦に対して、経済的負担の軽減を図るため、新たに治療費の一部を助成する「宇多津町特定不妊治療費助成事業」を行っています。 平成29年度からは、男性不妊治療(精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術)に対する助成(ただし、別表のCの治療を除く。)も行っています。男性不妊治療に関しては県の助成金額を差し引いた額のうち7万5千円を上限に助成します。

助成対象となる要件
・ 特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか、又は、極めて少ないと医師に診断されていること。
・ 都道府県知事、政令指定都市及び中核市の市長が指定する医療機関で特定不妊治療を実施していること。
・ 香川県特定不妊治療費助成事業の助成の決定通知を受けていること。
・ 法律上の婚姻をしている夫婦で、町内に住所を有するものであること。
 (単身赴任等特別の事情がある場合は、ご相談ください。)
・ 夫及び妻の前年の所得(1月から5月までの申請については、前々年の所得)の合計額が730万円未満であること。
 (所得の範囲及び額については、児童手当施行令2条、3条によります。)
・ 本町の税の滞納がないこと。

助成の対象とならない費用
・ 文書料、入院費、食事代、個室料など治療に直接関係ない費用
・ 第三者からの精子又は卵子の提供を受けた場合
・ 代理懐胎(代理母又は仮り腹によるもの)
・ 卵子採取以前に治療を中止した場合
 
助成の回数
(初めて助成を受けるのが平成27年度)
1 初めて助成を受ける際の治療開始時の年齢が、40歳未満の場合43歳になるまでに通算6回までとします。
2 初めて助成を受ける際の治療開始時の年齢が、40歳以上の場合平成27年度の助成の回数は年3回とし、平成28年
  度以降は43歳になるまでに通算3回までとします。

(初めて助成を受けるのが平成28年度以降)
1 初めて助成を受ける際の治療開始時の年齢が、40歳未満43歳になるまでに通算に通算6回とします。
2 初めて助成を受ける際の治療開始時の年齢が、40歳以上43歳未満の場合43歳になるまでに通算3回までとします。
3 治療開始時が、43歳以上助成は、ありません。
 (平成26年度までに県の助成を受けている場合)
 平成26年度までに県の助成を受けている方が、平成27年度以降に県の助成を受ける場合は、町の助成対象とします。
(注意)
 他の市町村にいる間に治療を終了したものについては対象となりません。

助成額
 特定不妊治療に要した費用から、県の助成金額を差し引いた額のうち治療ステージ(別表)A、B、D、Eは、10万円、C、Fは5万円を限度に助成します。
別表 

区分 内容
A 新鮮胚移植を実施
B 採卵から凍結胚移植に至る一連の治療を実施(採卵・受精後胚を凍結し、母体の状態を整えるために1周期から3周期までの間隔をあけた後に胚移植を行うとの治療方針に基づく一連の治療を行った場合)
C 以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施
D 体調不良等により移植のめどが立たず治療を終了
E 受精できず、又は胚の分割停止、変性、多精子受精等の異常受精等により中止
F 採卵したが卵が得られない、又は状態の良い卵が得られないため中止

申請期限
 治療終了日の年度末(3月31日)までに申請してください。理由がありできない場合は、ご相談ください。

提出書類
1 宇多津町特定不妊治療費助成事業申請書(様式第1号)
2 県に提出した特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し又は特定不妊治療に係る受診等証明書(様式第2号)
3 治療を受けた医療機関が発行する領収書
4 県特定不妊治療費助成事業の決定通知書の写し
5 住所及び法律上の婚姻関係にあることを証明する書類
 (1) 夫又は妻が世帯主の場合 続柄記載の住民票
 (2) 夫又は妻が世帯主でない場合 本籍・続柄記載の住民票
 (3) 単身赴任等で別居の場合 夫婦の住民票と戸籍抄本(謄本)
6 市町の発行する所得課税証明書
7 町が発行する完納証明書

お問い合わせ
〒769-0292
香川県綾歌郡宇多津町1881番地
宇多津町役場健康増進課(保健センター)
TEL 0877-49-8008

妊娠したら

母子健康手帳の交付

妊娠したら妊娠届を保健センターへ出してください。届出用紙は保健センターにあります。印鑑と本人確認のため運転免許証などを持参下さい。母子健康手帳は、妊娠から就学までの母と子の健康を記録するもので、予防接種や健診などに必要です。大切にしましょう。

妊婦さんタクシー券の交付

妊婦さんを対象にタクシー券(1万円分)を交付します。希望する方は、母子健康手帳と印鑑を持参して保健センターへお越しください。

マタニティセミナー(両親学級)

元気な赤ちゃんを産み育てるために、妊娠およびお産の経過について学びます。妊娠中の不安解消のため、友人づくりのために参加しましょう。ご家族も一緒に参加できます。

すこやか栄養コース
  1. 母子健康手帳についてのお話
  2. 妊娠中の栄養についての話
  3. 貧血食・バランス食の実習と試食
平成29年5月11日(木)、7月4日(火)、9月7日(木)、11月2日(木)、平成30年1月16日(火)、3月8日(木)
にこやかマタニティコース
  1. 妊娠中の日常生活、母乳栄養についてのお話
  2. 妊婦体操・母乳マッサージ・母乳の手入れの方法、呼吸法の話と実技実習
  3. お産に備えて、身だしなみ・準備用品・お産の兆候と進み方についてのお話
  4. 産後の母体の変化についての話
平成29年4月19日(水)、6月28日(水)、8月23日(水)、10月18日(水)、12月27日(水)、平成30年2月21日(水)
はつらつ子育てコース
  1. 沐浴・着替え・おむつの当て方の実技実習
平成29年4月2日(日)、6月8日(木)、8月6日(日)、10月5日(木)、12月3日(日)、平成30年2月1日(木)
ゆったりつどいコース
  1. 妊婦同士の座談会
平成29年5月30日(火)、7月24日(月)、9月11日(月)、11月9日(木)、平成30年1月30日(火)、3月19日(月)

詳しい日程は母子健康手帳発行時にお知らせします。

妊婦一般健康診査

母子健康手帳交付時にお渡ししている母子保健ガイドブックに添付された桃色・オレンジ色・白色・クリーム色の用紙に氏名・住所・出産予定日を記入し、医療機関窓口に提出してください。決められた項目については県内の医療機関(助産所)で健康診査が無料で受けられます。なお県外の医療機関で受診する場合は保健センターまでお問い合わせください。町外へ転出した場合は差しかえが必要です。

妊婦歯科健康診査

 母子健康手帳交付時にお渡ししている母子保健ガイドブックに添付された黄緑色の用紙に氏名・住所・出産予定日を記入し、町内の歯科医院窓口に提出してください。歯科健診が無料で受けられます。

出産したら

新生児聴覚スクリーニング検査

母子保健ガイドブックに添付された薄だいだい色用紙の太枠内に記入し出産した医療機関に提出してください。なお、県外の医療機関で受診する場合は保健センターまでお問い合わせください。町外へ転出した場合は差しかえが必要です。

新生児訪問

お子さんが生まれたご家庭に、保健師または助産師が訪問し、身体計測や相談に応じています。ご連絡した上で訪問しますが、早めのご訪問を希望される方はお電話または新生児訪問依頼票でご連絡下さい。

乳児一般健康診査

母子保健ガイドブックに添付された薄青色用紙の太枠内に記入し医療機関窓口に提出してください。県内の医療機関での健康診査が満1歳のお誕生日の前日まで受けることができます。なお、県外の医療機関で受診する場合は保健センターまでお問い合わせください。町外へ転出した場合は差しかえが必要です。

すくすく赤ちゃんのつどい

生後2~3か月の子どもさんを持つ母親を対象に、身体計測、予防接種の受け方の説明やお母さん同士の交流会を行っています。また、お母さん同士の交流の場となっています。予防接種ノートに同封してご案内します。

予防接種

BCG・麻しん風しん混合・日本脳炎・4種混合・ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチン・B型肝炎ワクチン・水疱ワクチン・子宮頸がん予防ワクチンは指定医療機関で受けられます。予防接種ノート(予診票)は生後2か月頃郵送し、すくすく赤ちゃんのつどいや3か月児健診時に受け方についてご説明します。県外の医療機関での接種を希望される方は、事前に手続きが必要です。お問い合わせ下さい。

はじめての離乳食教室

生後4~5か月のお子さんを持つ母親を対象に、管理栄養士による離乳食のお話・試食とお母さん同士の座談会・お子さんの身体計測を行います。3か月児健診時にご案内します。

離乳食フォローアップ教室

生後8~10か月のお子さんを持つ母親を対象に、管理栄養士による離乳食のすすめ方についてのお話・試食・相談を行います。対象月日が近づいてきましたらご案内します。

1歳おめでとう相談

1歳のお誕生月に、身体計測、手形の作成、保健師・管理栄養士による相談、理学療法士による運動発達相談、幼児食の試食を行います。対象月日が近づいてきましたらご案内します。

宇多津町で行っている乳幼児健康診査

保健センターで行っている乳幼児健康診査です。対象月日が近づいてきましたら個別に通知します。

3か月児健康診査 生後3~4か月児を対象に、小児科医による診察・身体計測・保健師による相談を行っています。また、絵本のプレゼントと読み聞かせを体験することができるブックスタート事業を実施しています。
1歳6か月児健康診査 1歳6~8か月児を対象に、小児科医と歯科医師による診察、身体計測・生活観察、ブラッシング指導、フッ素塗布、保健師・管理栄養士・臨床心理士による相談、視能訓練士による斜視検査を行っています。
3歳6か月児健康診査 3歳6~8か月児を対象に、小児科医と歯科医師による診察、身体計測、生活観察、ブラッシング指導、フッ素塗布、保健師・管理栄養士・臨床心理士による相談、視能訓練士による斜視検査・視力検査を行っています。

育児相談

乳幼児希望者を対象に、身体計測・保健師による相談・管理栄養士による栄養相談、臨床心理士による相談を毎月行っています。日程については、母子保健カレンダーをご覧ください。

出産一時金

詳しくは、(健康福祉 > 出産一時金)をご覧ください。

この記事に関するお問合せ先

宇多津町役場

保健センター
電話:0877-49-8008
MAILでお問合せ:hoken-c@town.utazu.kagawa.jp