現在地
トップページ » お知らせ » いじめ防止条例を制定
お知らせ

いじめ防止条例を制定

この条例は、平成26年3月20日に議会での可決を受けて、県内で初めて制定されました。全国で深刻ないじめが多数発生しているのを受け、町民や地域社会全体で、いじめ防止等の対策を講じることが目的です。

(責務・役割)
町、教育委員会、学校、教職員や保護者の責務を明記すると共に、住民や事業者にいじめを発見したときに関係機関へ通報すること、児童等にも家族や学校などへ相談するよう役割を求める。
(基本方針の策定)
町、小学校や中学校は、それぞれでいじめ防止基本方針を策定することを定める。
(組織の設置)
・学校に、いじめ防止等に関する措置を行うため「いじめ対策委員会」を置く。
・教育委員会に、いじめ防止等の対策を実効的に行い、重大事態に対処するために、「いじめ防止等対策委員会」を置く。
・町長は、教育委員会からの重大事態の調査結果に対して、必要に応じて再調査をするために、「いじめ事案調査委員会」を置く。

宇多津町いじめ防止基本方針(PDF:313KB)
宇多津町いじめ防止条例(PDF:160KB)

この記事に関するお問合せ先

宇多津町役場

教育委員会学校教育課
電話:0877-49-8007
MAILでお問合せ:kyouiku@town.utazu.kagawa.jp