現在地
トップページ » くらし・手続き » 高齢受給者証の自己負担割合
お知らせ

高齢受給者証の自己負担割合

70歳以上75歳未満で病院にかかったときの自己負担割合が1割の方は、軽減特例措置の延長により、平成26年3月31日まで据え置きとなります。
※現役並み所得があり、既に3割負担の方や後期高齢者医療制度の対象となる一定の障害があると認定された方は除きます。
※自己負担割合の判定は、毎年8月1日を基準日として行います。3月下旬に送付予定の高齢受給者証の有効期限は平成25年7月31日までです。

4月以降、70歳になる方は、誕生日の翌月(誕生日が1日の場合は誕生月)から自己負担割合が所得に応じて1割になります。誕生月の下旬に高齢受給者証(カード)を送付しますので、翌月から病院等で国民健康保険被保険者証と高齢受給者証の両方を提示してください。

この記事に関するお問合せ先

宇多津町役場

健康増進課
電話:0877-49-8001
MAILでお問合せ:jyumin@town.utazu.kagawa.jp