現在地
トップページ » お知らせ » 災害時の医療救護活動に関する協定書締結式
お知らせ

災害時の医療救護活動に関する協定書締結式

6月7日(木)、町役場において「災害時の医療救護活動に関する協定書締結式」が開かれました。
式には、坂出市医師会(井上徹会長)、綾歌郡歯科医師会(尾﨑俊夫会長)、坂出市薬剤師会(正木浩二会長)の3団体の長と谷川町長が出席。協定書にそれぞれ署名しました。

協定締結の経緯として、昨年の東日本大震災における医療機関等の救護活動からの教訓、また発生が想定される南海地震などの災害時の医療救護対策の一つとして、行政と医療従事関係者との相互協力体制の整備が急務であることから、関係医療機関の協力のもと行われたものです。

協定書の概要は次のとおりです。
<協定書の概要>
町の地域医療を担う坂出市医師会、綾歌郡歯科医師会、坂出市薬剤師会のそれぞれと宇多津町が、災害発生時に医療救護活動を円滑に行うための相互の連携・協力に関して、協定書を締結するものです。
それぞれの協定書に共通する内容として、災害時に3つの医療機関からなる医療救護班を編成するもので、医療救護班は災害対策本部との連絡調整、医師・歯科医師・薬剤師等の配置、それから応急救護所や後方医療機関との連絡調整などを行います。また、医療救護活動連絡会を設置し、平常時から町との密接な連携強化を図ります。

この記事に関するお問合せ先

宇多津町役場

健康増進課
電話:0877-49-8001
MAILでお問合せ:jyumin@town.utazu.kagawa.jp