現在地
トップページ » お知らせ » ヘンロ小屋宇多津引渡し式
お知らせ

ヘンロ小屋宇多津引渡し式

1月5日(木)、ヘンロ小屋宇多津の建築に携わった関係者が集まり、NPOどろんこクラブ(塚本修会長)から谷川町長に対し、ヘンロ小屋の引渡しが行われました。それに併せ、町、坂下東自治会及びNPOどろんこクラブの3者による施設維持管理に関する協定書の調印並びに建築等に関わった関係者に対し感謝状の贈呈がありました。

感謝状の贈呈

・NPOどろんこクラブ

・(有)多田羅建築事務所

・香川県立坂出高等学校イラストレーション部

 町長をはじめ関係者の話は次のとおりです。

町長
「ヘンロ小屋を贈呈いただき関係者の皆様に感謝しています。歴史ある遍路道にヘンロ小屋が本町に建築されたことは誠に光栄で、お遍路さんの休憩所として大変役立つものであります。ヘンロ小屋のある蛭田池公園も地域の皆様の協力により、とてもきれいに維持管理されており、今後、町ではこの施設を大切に活用していきたいと考えています」

NPOどろんこクラブ(塚本修会長)
「今後、この場所がお遍路さんと地域の皆さんの交流や癒しの場になればうれしいです。今後も遍路文化を大切にし、その保存・継承に尽力していきたいと思っています」

 NPOどろんこクラブ(亀山啓司事務局長)
「この事業は、四国八十八カ所ヘンロ小屋プロジェクトの一環として取り組んでいます。ヘンロ小屋は、その地域に配慮したデザインで建築。宇多津町では伝統文化のある太鼓台をイメージし、みんなで支え合うことを意味してつくられたものであります。今後もボランティアとしてこのプロジェクトを進めていきたいと思っています」

(有)多田羅建築事務所
「このような建物の建築に携わることができ、大変感謝しています」

坂出高校イラストレーション部(2年生:森千夏部長)
「お遍路やお接待の文化とは何かと学ぶことからはじめ、それを考えながら制作に取り組みました。14人の部員全員が筆を入れ天井画を描き、デザインや木に描くことで苦労も多かったが、完成した時はとてもうれしかったです」

この記事に関するお問合せ先

宇多津町役場

総務課
電話:0877-49-8013
MAILでお問合せ:soumu@town.utazu.kagawa.jp