現在地
トップページ » お知らせ » 住宅用火災報知器の補助制度が変ります
お知らせ

住宅用火災報知器の補助制度が変ります

宇多津町では住宅用火災警報器の購入補助として、高齢の方や介護保険認定者などの方に限って上限5千円の補助を行っていましたが、このたび2月1日より、希望者の方には1世帯1基無料で補助することとしました。
なお、補助制度の内容については次のとおりです。

補助内容
煙感知式警報器(乾電池式)

補助個数
1世帯につき1基(同一居宅内で世帯分離している世帯の方も1基)

申請方法
自治会が組織されてい地域の世帯については自治会で取りまとめしていただきます。自治会が組織されていない地域の世帯の方は町役場総務課に申請書を提出ください。

申請書 (PDF:20KB)

その他
ご希望の方は、複数個申み可能です。(2基目からは自己負担金が必要です)

住宅用火災警報器とは
住宅火災において逃げ遅による被害の低減のため、平成18年に消防法が改正され、すべての家屋について、平成23年5月末までに、住宅用火災警報器の設置が義務付けされました。
設置場所はすべての寝室、および寝室が2階にある場合には、階段にも取り付けが必要です。

この記事に関するお問合せ先

宇多津町役場

総務課
電話:0877-49-8013
MAILでお問合せ:soumu@town.utazu.kagawa.jp