現在地
トップページ » お知らせ » まちづくり交付金事業(宇多津地区)の事後評価を公表します
お知らせ

まちづくり交付金事業(宇多津地区)の事後評価を公表します

宇多津町では、「宇多津地区(145ha)」において、平成17年度~平成21年度を事業期間とした「都市再生整備計画」を策定し、「まちづくり交付金」を活用して計画的に市街地の整備に取り組んできました。既に、宇多津臨海公園をはじめ大部分の整備は終わり、みなさまにご利用いただいています。
「まちづくり交付金」事業では、事業実施前の計画段階で「都市再生整備計画」を作成し、目標となる数値指標を設定した上で事業を実施し、事業最終年度に事後評価を行い、数値目標の達成状況の確認と今後のまちづくり方策を検討することとなっています。
このたび、数値目標の達成状況や、今後のまちづくり方策についてまとめた事後評価シートを作成いたしましたので公表いたします。

公表資料
 本地区の評価結果を事後評価シートとしてまとめましたので、以下のとおり公表します。
まちづくり交付金事後評価シート(宇多津地区)(PDF:14KB)
都市再生整備計画(宇多津地区)第3回変更(PDF:89KB)

事後評価の概要
■事後評価の目的
 事後評価は、まちづくり交付金がもたらした成果等を客観的に診断し、目標達成の成否の要因を分析して、今後のまちづくりを適切な方向に導くとともに、事業の成果を住民にわかりやすく説明することを目的としています。

都市再生整備計画(宇多津地区)の概要
■まちづくりの目標
 古くからの歴史・文化と新しい市街地の賑わいが調和しながら交流するまちづくり

■まちづくり交付金を活用した事業
 事業につきましては概要図をご参照下さい。
整備方針概要図(PDF:134KB)

指標 従前値 目標値 評価値 達成状況
①地域来訪者数(旧市街地) 313,500人 400,000人 398,000人 わずかながら達成はしていませんが、22年度は達成する可能性があります。
郷照寺への1年間の来訪者数
②地域交流センター利用者数 4,250人 10,000人 21,000人 達成
平成21年7月19日開館した地域交流センターの1年間利用者数
③まちづくり活動団体への参加者数 250人 1,000人 1,424人 達成
まちづくり活動団体の9月時点での会員数
④地区内で開催されるイベントへの参加者数 38,220人 45,000人 105,550人 達成
地区内で開催される各種イベントへの参加者数の1年間の合計値

事後評価原案の概要
■数値目標の達成状況
4つの指標で事業の効果を確認しました。
・従前値は事業開始前の平成15年度頃の値です。
・目標値は事業終了後の平成21年度の値です。
・評価値は事業終了後の平成22年3月末日の値です。見込み値となっているものもあります。

■事後評価の公表
ホームページのほか、町役場でも下記によりご覧いただけます。
閲覧時間  8:30から17:00まで(土日祭日を除く)
閲覧場所  町政策調整室(庁舎2階)

この記事に関するお問合せ先

宇多津町役場

政策調整室
電話:0877-49-8600
MAILでお問合せ:seisaku@town.utazu.kagawa.jp