現在地
トップページ » 暮らしの情報 » 農地制度が変わります。
お知らせ

農地制度が変わります。

改正農地法等が平成21年12月15日に施行されました。

●農地の減少を抑えて優良農地を確保します。
違反転用に対する罰則が強化(法人への罰金300万円以下→1億円以下など)されるなど、農地転用規制を厳しくするとともに、改正農地法等の施行にあわせ、特に上地改良事業が行われた農地などの優良農地の確保に向け、県と協力のうえ厳格に取り組みます。

●農地の貸し借りをしやすくして、借りる人を増やします。
これまで、農業生産法人の要件を満たす法人にしか認められなかった法人による農地の権利取得について、借入れに限って、一定の要件(①適正利用していない場合に解除する旨の条件を付した契約、②地域の農業者との適切な役割分担の下に継続的・安定的な農業経営、③一人以上の業務執行役員が農業に常時従事)のもとに規制を緩和し、農村集落において、農家も含めた構成員による集落営農法人をつくりやすくするなど貸し借りによる利用の拡大を図ります。

●農地の相続は届出が必要に!
相親等により許可を受けることなく農地の権利を取得した方は、宇多津町農業委員会に届出が必要になります。
 
なお、詳しくは、宇多津町農業委員会(電話49-8009)までお問い合わせください。

この記事に関するお問合せ先

宇多津町役場

政策調整室
電話:0877-49-8600
MAILでお問合せ:seisaku@town.utazu.kagawa.jp